公認会計士の資格取得後の気になる仕事内容をチェック!

公認会計士の資格を取れば独立もアリ?税理士との違いも把握しよう

公認会計士の資格取得後の気になる仕事内容をチェック!

女性

公認会計士の仕事内容とは

公認会計士の資格を取得した後は、監査証明業務や会計、または財務書類の作成を行ないます。経験を積んでいけば、いずれ経営コンサルティングの業務を任されることもあります。

勉強道具

気になる年収

公認会計士として就職した場合の年収は、残業代含んで500万円ぐらいです。また三年以上勤務すれば年収一千万も夢ではありません。ただ、残業手当なしだと劇的に収入が減るので事務所を辞め独立する公認会計士もちらほらいます。

勉強

独立は簡単?

事務所を辞めて独立したとしても、自分で営業をかけなければ、事務所勤務時代よりはるかに収入は減ります。試験に合格したという自信と知識の多さを前面にアピールし、人脈を広げておくことが成功の近道となるでしょう。

公認会計士&税理士試験の違いを比較してみた

公認会計士の試験科目

必修科目は、財務会計論や管理会計論、監査論、企業法などがメインです。公認会計士の試験では、これら全てをまとめて受験します。また選択科目では経済学や経営学、民法などがあります。

税理士の試験科目

税理士の場合は筆記論、財務諸表論と公認会計士より取り扱う科目が少ないです。また選択科目も所得税法や法人税法のいずれかを選択すればOKです。

広告募集中