公認会計士の資格取得は難しい!だからこそ押さえたいこと

人気の通信講座で公認会計士の資格ゲット!

諦める必要はない

仕事の都合で、資格の勉強に費やせないと諦める方も少なくありません。しかし、今の通信講座は仕事をしながら効率よく学べる内容です。

勉強に使える通信講座トップ5

勉強
no.1

合格サポート付きの通信講座

勉強でわからないところがあった場合に助かるのが合格までをサポートする通信講座です。メールやweb電話を使用すれば、土日構わず受付可能です。

no.2

講師のレベルが高い通信講座

公認会計士関連の書籍が10万部を超えたカリスマ講師を始め、元会計士の経験者が講師として登場します。試験合格に必要なコツを伝授してくれるでしょう。

no.3

合格者多数の勉強法!魅力の通信講座

全く知識がない状態でも、非常識合格法やこれに映像を組み合わせた特殊な勉強法で、合格者を多数出している通信講座も非常に人気が高いです。短期間で知識を吸収したい人向けでしょう。

no.4

中身よし!値段よし!の通信講座

短答式のみの場合は20万円から30万円以内と他の通信講座よりも破格の受講料となっています。フルパックにしても40万円くらいなので、一生ものの資格と思えば安いでしょう。

no.5

受講者と講師の距離が近い通信講座

受講者と講師の距離が近い通信講座は、まるでゼミのような親近感があると人気が高まっています。このお陰で、資格の勉強をスムーズにできたとの声も多く、公認会計士の知識をより吸収できる環境であることも受講者が多い理由の一つです。

公認会計士の資格取得は難しい!だからこそ押さえたいこと

ノート

気になる試験内容

公認会計士の試験は、通信講座で学習をした後に受けるものですが、試験には大きくわけて短答式試験と論文式試験の二段階があります。原則として、短答式試験に合格できれば次は論文試験に挑むといった感じになります。ちなみに論文試験は、年一回に実施されるもので三日に振り分けて行なわれます。短答式の場合は、受かれば二年間有効期間が設けられるので、その間に論文試験対策を実施しましょう。

電卓

試験合格の攻略法

基本的に、資格の勉強をしておけば合格できる可能性はあります。ただ財務会計論や、管理会計論の二つは最初にマスターすべきでしょう。特に時間はかかるのが計算方法なので、できるだけ早めに押さえておくことが肝心です。

女性

ハードルは高い

まず目指すのは、ハードルが高いといわれる短答式試験です。毎年出る合格者は10%を切っているため、楽して合格をつかみ取るのは相当難しいです。また第一線で活躍する人も、何度も落とされて再チャレンジを繰り返したという過去を持っている場合があります。挑戦することはとても重要ですが、ほとんどの通信講座は期限が決められているため、期限内での合格を目指さないと受講料が無駄になります。

早速一歩を踏み出そう

はじめから論文試験合格を視野に勉強を開始しても問題ないですが、まずは第一歩としてハードル高めの短答式試験合格を目指しましょう。そのための対策テキストを提供する通信講座なら、一発合格も夢ではありません。

広告募集中