公認会計士だからできることは沢山!資格を取得すればいいことづくめ

資格は就職に役立つことがある

数ある職業の中でも高い専門性を持っているのが公認会計士です。資格があれば、下記のようなメリットを感じられます。

公認会計士の資格を取得するメリット

本

社会貢献ができる

公認会計士は、監査だけでなく会計の専門家であるため、立場的にも独立しています。さらに公平な事業活用や、投資者と債権者の保護も行ない、国民経の健全な発展をサポートする社会に必要な職業となります。

バリバリ働ける

男性女性関係なく、資格取得後は社会でバリバリ活躍できます。また公認会計士自体が専門職になるため報酬はもちろん、出世できる可能性も秘めています。

物事を広くみることができる

公認会計士の資格を取れば、上場企業、大企業、また世界的に活躍する企業を相手に監査を行ない、業務をするので経営者と同じ視点に立つことができます。これは公認会計士を目指すうえで大きなメリットとなるでしょう。

他の資格取得の助けになる

公認会計士の資格があれば、登録のみで税理士や行政書士になることも可能です。これを目当てに資格取得に踏み切る方もいますから特別なことではありません。

公認会計士は誰でもなれる?

資格取得ができれば、誰でも公認会計士になることはできます。しかし、公認会計士でも向いている人とそうでない人がいるのも確かです。

公認会計士に向いている人

  • 数字に強い
  • 経済や経営に興味を持っている
  • 正義感が人一倍ある

公認会計士の資格取得方法やおすすめの勉強法

女性

資格を取得する方法

公認会計士になるには、公認会計士や監査審査会が毎年実施している試験に合格する必要があります。そのための勉強には、独学、通学、通信の三つがあり、それぞれメリットデメリットがあります。

電卓

中でも通信がおすすめ

お金や時間が沢山あれば、通学しながら勉強に励むことはできます。しかし現実は、働きながら資格取得の勉強をしなければならない人もいます。この場合は、独自の学習法を取り入れている通信教育がおすすめです。テキストは重要な部分だけを寄せ集めているので、非常に見やすいと好評です。

勉強

気になる合格までの期間

基本的に公認会計士の資格取得に必要な年数は、2年から5年と言われています。猛勉強すれば一年で取得できますが、平均はこのくらいでしょう。大学入学と同時に、資格の勉強を行ない、卒業を目前に合格を狙っても全然余裕です。

広告募集中